×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

About ST250

 マイナーなバイク、SUZUKI ST250の紹介をします。良いところ悪いところ、このインプレが参考になれば幸いです。
本家SUZUKIのHPはhttp://www1.suzuki.co.jp/motor/st250/です。
 つい最近(2005年3月)までPDFだけだったやる気のないHP。それから、少し進歩しましたが情報量少なすぎです。個人的には良いバイクと思うのにアピールしなさ過ぎです。取りあえず諸元表は客観的に参考になります。

《購入動機》
 それまで乗っていたのは、HONDAのメジャーバイクApe100でした。自分なりに色々カスタムをしてかなり乗りやすいバイクになったのですが、いかせん、自動車専用道路は走れないのです。私の住んでいるところは、自動車専用道路が多い地域。ちょっと遠出しようと思うと下道では時間がかかりすぎてしまいます。Apeを普通二輪化するという手もあったのですが、強度が不安だったので泣く泣くApeを手放し、普通二輪の購入に踏み切りました。
 本音言うと、Apeに対して自動車専用道路が走れない以外はまったく不満は無かったです。手放すのも非常に惜しかったですが、2台も維持する財力無いし、カミさんの許可も下りようもないのでドナドナしました。ドナドナド〜ナ〜、ド〜ナ〜♪

《ST250の選定理由》
 まずは車検無しが条件でした。となると自然に250ccクラスになります。候補に挙がったのはTR250、ESTRELLA、FTR、VTR、ST250でした。何となく私の嗜好が分かるようなチョイスだと思います。
 FTRは町中で見かけるので却下、VTRはこのクラスでは何でもこなす優等生だが、乗っていた人に聞くとそれだからつまらなかったと言うし、どうも見た目がイマイチ(タンクの周りの無骨なフレーム)なので却下。TR250は、足回りが中途半端にオフ車っぽいけど、あとはロード系で色も好みじゃないので(フェンダーがどのモデルも白って言うのは。。)却下。ESTRELLAとST250が残ったわけですが、スペック的には殆ど変わらないので、軽くて安いST250を選びました。
 注文当時は、2005年モデルが出たばかりで、シルバーとオレンジしかなかったのですが、2004年モデルには黒がありました。どうしても黒が欲しかったのでダメ元で店に聞いたら在庫が有るというので即決してしまいました。
 乗り出し価格は440,000円(自賠責5年・任意保険・盗難保険込み)でした。安いでしょう!?

《納車直後〜慣らし中のインプレ》
 初対面の時は、パンフレットやWEBで見たイメージ通りでした(当然ですが)。何となくレトロっぽさを感じるデザインが大変気に入っています。あと、でかさも感じました。今まで乗っていたバイクのせいだと思いますが、これぞ普通二輪って感じでした。これでも、同クラスのバイクの中では小柄なほうなんですけどね。
 バイク屋で一通りの説明が終わり、跨いでみたところ「タンクでかっ!」。12リットルも入るからそりゃでかいでしょう。なんだか上から見るとたれぱんだのような形です。足つきは、教習所のCB400SFと変わらない感じ。足つき抜群なんてインプレよく見るのになぁ。私の足が短いせいです。
 いよいよセルで起動。ラクチンです。キックの場合は一度跨ぐ必要が有りますが、セルはクラッチ握ってスイッチオンのみ。アイドリングは結構弱々しい。寒い時期はチョーク必須と言われました。今までチョークには縁がなかったので(引かなくても調子が良かった)、へーそんなもんかと関心しました。
 走り出し時に当然アクセルを開ける訳ですが、ハイスロに慣れてしまった私にはちょっと違和感がありました。なんか、開けても開けてもエンジンが回らないような錯覚に陥って。実際、ゼロスタートで原付にも抜かれる始末。まぁ、慣らし中だと思い我慢我慢。
 走り出してしまえば、大きさは特に気になりません。ただ今まで平気で狭い場所をUターンしたりするときに結構傾けたりしていたので、そうゆう時に重さを実感出来ます。当たり前のことですが、Apeに比べて各ギアの守備範囲が広いので凄く運転しやすいです。特に1速は嬉しい。2速、3速でアクセル開度半分程度まで開けると50km/h位までは直ぐに到達してしまいます。ギアチェンジのタイミングもApeの癖が残っているので些か早めになってしまいます。もう少し引っ張ってチェンジすれば加速と共に良い感じになると思います。
 5速60km/hで流すのが振動も少なく快適でした。

 慣らしがてら、三浦半島を1周してきました。3連休の真ん中だったので海沿いはほぼ全線渋滞。殆どすり抜けで、快適に走れたのは、湘南国際村と毘沙門の辺りだけ。本当にその他は渋滞が連なっていました。すり抜けで気づいたのは、やはりApe最高だと言うこと。慣れの問題もありますが、ペースが全然違います。それでも、ST250もすり抜けに適した車種だと思います。低速時にバランス崩してしまうと、車重が身にしみるのはさすがです。
 途中、山越えコースもあったのでApeとの違いを期待していましたが、期待通りでした。さすがに5速常時と言うわけには行けませんが、4速で流すのが可能です。登りでの追い越し時の加速は3速に落とし乗ってきたら4速に切り替えるという感じです。Apeの時は常時3速でないと厳しいところだったのでやはり快適です。
 50km/h位で流れているような道でしたら、4速で十分ですね。60km/h以上になると5速巡航といった感じですが。町乗りでは、3速4速が一番使うかも知れないです。5速に上げたのに渋滞や、信号で減速しざるを得ない状況に良く陥りました。
 感心したのが、交差点の歩道側の信号が、青点滅しているとき微妙に行けそうな感じがするのですが、Apeの場合は加速が足りなくて間に合わなかったのですが、ST250の場合はかなりいい加速をしてくれて黄色の時には交差点内に入っている状態でした。
 115ccのApeと250ccのST250を単純に比較してしまって申し訳ないですがこれには感激しました。

(2005.3.21)
 朝一のエンジン始動は、チョーク引かないとやっぱり駄目みたいですね。今日は一桁の気温だと思います。チョークは2段階になっています。今のところ、1段目(引いてから1段押した状態)で始動して、エンジン回ったら戻して10秒くらいアクセル少し開けてその後アイドリングで暖機してます。

(2005.4.1)
 400kmを越えたところで不便なところを数点。まずヘルメットホルダー。フルフェイスとジェット両方持っていますが両方とも付けづらいです。フックのキーからしてワンタッチ式ではないのでヘルメットを掛けるときも鍵を付けっぱなしにしなければならないです。あと、フック自体の位置が悪いのでヘルメットを掛けた状態がチェーンの油で汚れそうな感じです。
 次に、パッシング・ハザードスイッチが無いこと。使いたいときに使えないのはやはり不便。この位ならコストダウンせずに頑張って欲しかった。
 最後に、メインキーの長さ。スクーター並です。ハンドルロックとメインキー穴が兼用だからでしょうか?まだ、金属の摺り合わせが完全ではないようで入りが渋いです。ヘルメットホルダー部は特に。
 この時点で、やっとギアが馴染んできた感じです。だいぶスムーズに入るようになってきました。納車されたときはどうしようかと思った。しかし、1速から2速のギアが乾式みたいにカコンって鳴るのはちょっと良い感じがしない。今のところ最高時速80km/hです。エンジン回転数は、5000rpm止まり。大抵4000rpmまでに留めています。早く慣らし終わらないかなぁ。

(2005.4.8)
 600kmを越えました。クルマの流れて仕方が無く5000rpm、80km/hと時々出す程度。スロットル開度も1/3程度。まだMJ域をあまり使っていないですが、加速の時に一時的に半分程度開けるとググッと加速されて良い感じで、60km/hから80km/hの加速は結構速いです。慣らし後スロットルを開けるのが楽しみです。

(2005.4.20)
 納車からちょうど1ヶ月にして1000kmを越えました。単純に計算して1日30km以上走っている計算ですね。結構ペース早いような気がします。

(2005.4.24)
 洗車していたら、思いつきで1ヶ月点検を受けに行ってきました。オイルとフィルターの交換で4500円也。結構するなぁ。

《慣らし後のインプレ》
 1ヶ月点検直後帰り道にギアの入り心地が明らかに違うことに気づきました。やっぱり、最初はオイル汚れるのね。アイドリング音も少し静かになりました。
 今まで亀足だと思っていましたが引っ張れば結構早いですね。6000rpm〜7000rpmでギアチェンジすると100km/hは直ぐにいってしまいます。ただ振動は、5000rpmを越えた辺りからブ〜ンと言った音に変わり回しているなぁと実感できます。やっぱり、スロットル開度半分以上のMJ域のパワーは侮れません。しかし、のんびり60km/h位で走りたいもんですね。
 慣らし運転中の燃費は大体27km/l位。これが慣らしが終わってどうなるかが楽しみ。

《速度-エンジン回転数》
 タコを未装着なので、速度と回転数の関係を計算していました。タイヤの外径が停止状態でやっているので多少の誤差が出てきますが目安にはなります。慣らしでも参考になりますよ。
 9000rpmがオーバーレブと言われているので、仮に、高速道路で110km/h巡航はギリギリ許せる範囲かな。

単位はkm/h 1速 2速 3速 4速 5速
0rpm 0 0 0 0 0
1000rpm 5 8 11 14 16
2000rpm 10 16 22 28 33
3000rpm 15 24 33 42 49
4000rpm 20 32 44 56 65
5000rpm 25 39 55 70 81
6000rpm 30 47 67 84 98
7000rpm 35 55 78 98 114
8000rpm 40 63 89 112 130
8500rpm 43 67 94 119 138
9000rpm 45 71 100 126 146

《高速性能》
 通勤でしばらく高速道路を使っているので高速性能に関して書きます。
 ます、一般道から高速道への進入加速は各ギア6000rpm位でシフトアップしていけば十分です。さらに加速を望む時は、7000rpmを目安にシフトアップすればスムーズです。高速道路内では走行車線を走る分には全く問題有りません。大抵走行車線は100km/h以下なので余裕です。但し、追い越し車線は厳しいです。走行車線で前の車が90km/hで走っていて追い抜こうとする場合、追い越し車線後方の車をよく確認しないと追い越している間にその車に追いつかれてしまいます。シフトダウンして4速で車線変更しても既にエンジン回転数は6500rpm位になっているので思ったよりも加速が得られません。5速のままスロットルを開けて車線変更した方が加速が得られます。
 次に、振動に関してですが100km/h・6000rpmで巡航していますが思ったよりも振動は無いです。比較対象が無いので感覚のみになりますが長時間巡航でも耐えられます。但し、追い越しの時などに7000rpmまで上げると振動と言うよりエンジンの悲鳴でこれ以上アクセルを開けるのが躊躇います。
 対風に関してですが、はっきり言って風が吹いている日だと厳しいです。特に強風の時は100km/h出すのがやっとです。そのかわり追い風だと120km/hなんて有ったいう間に出てしまいます。横風が吹くとハンドルがぶれます。横風についてはどのバイクでも同じだと思いますが。
 高速道路を走ることを躊躇する方も多少なりとも居ると思いますが、それほど性能的に不足する物はありません。100km/h巡航走行なら十分です。急ぐような走行なら物足りないと思いますが、250cc単気筒なので仕方がないでしょう。しばらく高速道路を通勤で使って速度の壁が体感できました。(2006.3.30)
 1週間高速ばかり走って給油を迎えました。燃費は25km/l。通常28km/l位なので少し燃費が悪くなります。さすがに100km/h・6000rpm巡航だとスロットル開度が大きいのでしょう。しかし、ツーリングでも行かないと30km/lは越えません。地域性の問題はあると思いますがそんなに燃費が良い方ではありませんね。(2006.4.4)

《総括》
 2007年6月30日に乗り換えのためドナドナしました。所有期間28ヶ月、走行距離20,000kmでお別れです。3年弱と思っていましたが、2年半ですね。もっと長く乗っていたような感じです。単純計算で1ヶ月715km。1日割だと23km。こう計算すると走ったなぁって感じがします。
 改めての、インプレはやはり変わらず前述の通りです。町乗りに関しては、取り回しのしやすさから非常に扱いやすいです。ちょっとそこまでって感覚でも乗れる良いバイクですね。
 ST250は走る楽しみを覚えました。行程800kmのバカツーなんてのもやりましたが、苦痛にならない程走っていて楽しいです。攻めるような走り方はしませんが、好きな時に止まって、好きな時に走り、好きな時に曲がる。このツーリングスタイルは次のバイクへも引き継ぎます。ありがとう。ST250。

《写真集》

納車直後です。
Apeの時と同じ場所で撮ってみました。

どっしりした良い感じですね〜。

横から見た感じはタンクの大きさはそれ程感じさせませんが、実は上から見ると。。。。















ブリッジ周りです。ヘッドライトのハブが良い感じです。
メーターが少しおもちゃっぽいですが、ODDメータも付いているので変えないつもりです。
インジケーターは両方緑色です。曇りや夜なら問題有りませんが、晴天時日差しが当たるようなときは見づらいです。高輝度LEDの方が良かったかも。
ハイビームインジケータは暗いです。「ボワァ」って感じです。

キーは、ハンドルロックも出来る集中型です。

ミラーは映っていませんが、後方の視野が広いです。真後ろとはいきませんが、かなり広い範囲での後方確認が可能です。










左スイッチです。ライトのHi/Low切り替え、ホーン、ウィンカーはプッシュキャンセルです。




















右スイッチです。キルスイッチとセルスタータースイッチがあります。目クラが一つあるみたいなのでひょっとしたら自分で何かしらのスイッチを追加するときに使えるかも。


















エンジン部です。249cc、空冷・4st・単気筒・SOHC・2バルブです。Eタイプなのでキック付きです。
オイルは、1400ml、オイルフィルター付きです。
上に見えるのはキャブレターです。ミクニでした。
アイドリング調整つまみも触りやすい良い場所にあります(キャブレター下部に見える白いつまみ)。

自分でオイル交換するには中途半端な容量ですね。














大型ヘッドライト。いいですね〜。
ハブも眩しくEタイプにした甲斐があります。




















フロントスプロケは楽に変えられそうです。
エンジン上部に見えるのはデコンプレバーです。キックするときに併用するようです。ケーブルはクラッチケーブル。タンクの真下に有るのがプラグです。プラグ交換するのにタンク外さないでいけるのかなぁ。ギリギリかも。燃料コックは、RES・OFF・ONです。
















左上がホーンです。エキゾートパイプの引き回しがなかなか良い感じでまとまっています。

しかし、エンジン周り改めて見ると、雨天走行大丈夫なのかなぁ?プラグの所に水が溜まってしまいそう。

















リアシートです。
結構乗り心地良さそうです。
リアサスは、細い棒さえあれば手で調整できるようです。


















運転席から見たタンクです。
この角度から見て初めてタンクの大きさが目の当たりになります。なんとなく、たれぱんだのようなタンク。
容量は12リットルでリザーブは3リットルも有ります。
リッター30kmだとしても250km〜300kmは見給油でいけそうですね。
















防犯対策をどうするか考えた上、ゴジラロックをリア部のフレームを利用して絡ませました。赤いカバーをしているときついので取ってしまいました。



















ヘルメットホルダーです。これがまた使いにくい。鍵が「施錠」状態でないと外せないのでフルフェイスだとかなり厳しいです。
ジェットでも合格点には程遠い感じです。しょうがないので、ヘルメットホルダーワイヤーを購入。何とかそれで凌いでいます。



ApeとST250並べてみました。やっぱり排気量2倍違うと大きさも全然違いますね。

大きくなったお陰で、駐輪場に入れるのに、扉など通過しにくくなりました。
















Profile